明るく笑顔の人達

開業する前の知識

ビル

継承開業する場合の注意点

医院を開業する場合、新規ではなく親族もしくは第三者の持っている医院を継承する形で開業を行う場合があります。その時には新規で医院を開業する場合と違った注意が必要になります。もっとも一般的な継承の仕方が、親子による継承でしょう。急な不幸によりなくなった方の持ち物を継承する場合などは相続という形になります。医院そのものはもちろん中で使っている設備などは立派な財産になります。それらも相続するうえで分割の対象となります。ですから分割により設備を使えないなどの問題が起きないように、生前贈与などで対策したりする必要があります。第三者が個人経営の医院を継承する場合には、設備などを含めてすべてを買い取るのかまた土地や建物を賃貸するのかを細かく決める必要がります。医療法人という形のものを継承する場合には、出資分を継承し理事長職も継承が必要になります。現在の医院の価値を計算し出資分が現在いくらかを計算し、理事長職は社員総会などできちんと継承についての承諾をとる必要があります。

スムーズに医院を引きつぐには

医院を継承により開業するメリットは、新規で開く場合と違い患者を引き継ぐことができることや機材・カルテなどの準備が必要でないこと、職員を探す必要がないことが挙げられます。非常にメリットが多く魅力的ではありますが、スムーズに引き継ぐためにはテクニックが必要です。親子で引き継ぐためには話し合いを重ねて、早い時期から準備をすることが必要です。急に医院長が交代が必要な状況になりますと、休業しなくてはならない時期などがあり患者が離れてしまうことがあります。また設備の不備などを見直す時期がなく、開業するまでに思ったより時間が必要などのケースがあります。ですから早い時期から話し合いいざ継承するという段階で問題が少ないようにしたほうがいいです。