明るく笑顔の人達

無人化するレジ

ミーティング

レジの無人化によって得られるもの

スーパーやショッピングモールでは少し前までは有人のレジが当たり前だったのですが、ここにきて無人のセルフレジを導入する店が増えてきました。有人とは違い、このセルフタイプではお客さん自信がレジを通す必要があり、使い慣れていない人にとっては利用の仕方で戸惑うことも多いようです。 大手のスーパーなどでは、現在試験的に有人レジとともにセルフレジも置いてその利用状況をみている状況です。これがうまくいくことで有人のレジが無くなった場合の人件費の削減額は大きいものがありますが、一方で精算係のチェックを通さずに買い物を進めることによって万引きや精算のごまかしの心配も考えられます。どちらがよりその店によってメリットが大きいか、現在は状況を見守っている時期なのでしょう。

今までの精算方法とそこから得られた課題

レジの作業はやはり人の手を通しておこなうのがいいという人もいれば、セルフのほうが精算が早く済み、時間短縮ができるのでそういった点から歓迎するムードもあります。セール時の精算ではレジ前に大行列ができることもあることを考えると、その意見には大いに賛同できるものがあります。 しかしその一方で、定員の手を通して買い物の品を渡してもらえる安心感や、気持ちのいいあいさつやちょっとした世間話のやりとりを楽しみにしているお客さんがいるのも事実です。すべてをセルフレジにしてしまうのでは、こういったふれあいの部分を求めているお客さんを置き去りにしてしまう難しさもあります。 いくら人件費を削減したいからといって、こういった人と人とのやりとりを全て排除してしまっては、それ以上の損失を店側が被ることも考えられます。セルフレジで効率化することも確かに大事ですが、やはり生産時に最低限の定員を配置するのは必要なことなのかもしれません。